猫のお口の中がただれているのかも? 急にご飯を食べなくなったら要チェック!

猫 口内炎 症状

急にご飯を食べなくなった猫。お皿のフードの匂いは何度も嗅ぎに行くけれど、一向に食べようとしないことはありませんか?

食べたそうなのに食べれない・・・つらいですね。もし自分がそうなると辛いし切ないです。だってご飯を食べることが楽しみなんですから。

では何故、ご飯を食べたいのに食べないのか?考えられる病気は様々ですが、それは人間にもよく起こりうることも原因のひとつでした。対処法をご紹介します。

猫 口内炎

「ただれる」って?

口の中がただれるとは具体的にどのようなことかと言うと、人間でいうところの「口内炎」です。猫も「口内炎」になることがあるのです。

あの、忌々しい「口内炎」は私たち人間でも非常に辛く、ご飯を食べられなかったり、ひどいときには話すたびに舌や歯が「口内炎」に当たり涙が出てきますよね。

それが猫だと考えただけで「かわいそうに」となります。「口の中が痛い」と言っても私たちには「にゃあ~~」としかわからないのですから。

鳴くのも痛くて鳴けないかもしれません。そんな様子を私たち飼い主がしっかりと普段から観察しておきましょう。

いつもと鳴き方が違う、ご飯を食べない、となったら「口内炎」で口の中がただれているのかもしれません。口の中が痛いということは「ヨダレ」も多く出ますので、そのあたりも要チェックです。

口内炎は感染症が原因

「口内炎」は舌や口の中の皮膚を噛んだ場合や、口の中に誤って傷ができてしまった場合に発症することは知られていますが、内臓の病気でも起こり得ます。

「ネコウイルス感染症」という病気ですが、これは猫の様々な感染症を称していう言葉です。

「ネコウイルス感染症」の中には「猫エイズウイルス感染症」「猫白血病ウイルス感染症」「猫ウイルス性鼻気管炎」などがありこれらは症状として「口内炎」ができてしまうことがあるのです。

口の中に「口内炎」ができていたらこのような感染症も疑いましょう。

「ネコウイルス感染症」の他には「猫カリシウイルス感染症」という病気も「口内炎」の症状があり、特に痛みが激しく、お水も飲めない状態となるようです。

猫 口内炎

口内炎によるただれの治療方法

「口内炎」によるただれは傷や口の中に刺激物や異物が入って起こることが多いです。このような場合は口の中を清潔にすることが一番です。

病院へ行って歯垢や歯石を除去したり、お薬を貰って治療しましょう。また、刺激物などは猫の届かないところへ置くこともお忘れなく。

次に「ネコウイルス感染症」による「口内炎」ですが、感染する前に予防接種をすることが大切です。

「ネコウイルス感染症」は母猫がウイルスを持っていたり、外猫との接触から感染する場合が多いので、ワクチン接種が予防の要なのです。

また、「猫カリシウイルス感染症」にもワクチンがありますので予防接種をお勧めします。

ごはんは食べれるようになるまで猫用のミルクやスープに変えて与えましょう。

猫 口内炎

ただれを放っておかないで

猫の口の中のただれを放っておかないでくださいね。口の中はあまり見せてくれない猫ですが、ご飯を食べなくなったら、よ~く観察してみましょう。

「口内炎」でご飯が食べられないのはとても切ないことです。それは私たち人間も身を以て経験していることですからね。猫の異変に気が付けるのはあなたしかいませんよ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました