悲しいのかな【涙が止まらないの】猫の涙と目ヤニから考えられる病気とは?

症状

猫の寝起きで、よく気が付くことに、目ヤニや涙があります。

なぜか目に涙を溜めていたり、その涙が渇き、目ヤニとなって目の際にカピカピと付着しているのです。

あくびで涙が出るのは人間も同じです。新陳代謝として涙が出て目ヤニとなるのは当たり前のことなのです。

しかし、尋常じゃない量の目ヤニが付着している場合は要注意です。

当たり前のことですが、目は生活していく上でとても重要な役割を果たします。

この記事では涙や目ヤニから考えられる病気を説明します。猫の病気の解りやすいサインを見逃さないでくださいね。

猫の涙からわかる病気

涙が出る症状の病気は、やはり目に関係した病気が多いです。

まずはゴミ、目の周りの毛が入る、排気ガスなど環境の悪さで目の角膜に傷が付き涙が止まらなくなる病気の「流涙症」があります。

瞼(まぶた)が内側に入ったり、外側に反ったりする病気の「眼瞼下垂(かすい)」

アレルギーや猫同志の喧嘩などで引き起こされる「結膜炎」や「角膜炎」

生まれたての子猫がかかりやすい「新生児眼炎」などがあります。

猫 涙目ヤニ

病気の主な原因と特徴は?

それぞれの病気の特徴は涙を流すことです。涙を流すということは体から異物を出そうとしているのです。そして涙以外の特徴もあります。

流涙症(りゅうるいしょう)

まず、「流涙症」は涙が止まらない症状です。もちろん悲しくて涙を流しているのではありません。

一生懸命体からゴミを出そうとしているのです。涙が沢山流れ出るので目と鼻筋の間に「涙焼け」と呼ばれる跡ができてしましいます。

我が家の猫も小さいときに片目だけ何度も瞬きをして違和感がありそうだったのでお医者さんへ行ったら「涙焼けしてるね」と言われました。

我が家の猫は黒みががった茶の「キジトラ」の模様で解りにくく、気が付きませんでした。

涙がたくさん出るので渇くと目ヤニになり、それがまた不快そうでした。

眼瞼下垂(がんけんかすい)

続いて「眼瞼下垂」は内反症と外反症があり、内反症は目の内側に瞼が入り込んでしまい、先天的なものがほとんどのようです。

外反症は外側に瞼が反り返るのですが、猫の場合は外反症はあまり見られないようです。

内反症は角膜がこすり付けれるので失明する可能性も高いです。違和感に気が付いたらすぐにお医者さんへ行ってください。

結膜炎・角膜炎

「結膜炎」「角膜炎」は人間の症状と同じで目の粘膜が炎症を起こします。アレルギーや「ネコウイルス感染症」から起こる場合が多いです。

また、猫同志の喧嘩や目をこすりすぎて角膜を傷つけてしまうと、かかりやすい病気です。

新生児眼炎

「新生児眼炎」は生まれたばかりの猫がかかりやすい目の病気で、「急性化膿性結膜炎」という病気のことをいいます。

症状は結膜嚢(けつまくのう)という瞼の裏の袋に膿がたまっていたり、目全体が目ヤニで覆われて苦痛を伴います。

苦痛でおっぱいが飲めなくなり、衰弱してしまうのです。最悪は失明することもあります。

目の病気の進行は早いです。病気の症状に気が付いたらすぐにお医者さんへ連れて行きましょう。

猫 涙目ヤニ

目ヤニはどうやってとるの?

涙は乾くと目ヤニになって、さらにその目ヤニが不快で目をこすってしまいます。

そこから角膜に傷がついたりと悪循環ですね。目ヤニは猫自身で取れない場合も多く、放っておくと目が開けられない状態になることもあります。

気が付いたら拭いてあげましょう。湿らせた清潔なガーゼやティッシュで優しく撫ぜてあげるだけで良いのです。

毛に張り付いた目ヤニを無理やりはがそうとすると猫が痛がって触らせてくれなくなりますので、ご注意ください。

アルコールが入っているものが多いウエットティッシュは、なるべく避けたほうが良いでしょう。

使うのであればアルコールが入っていないものにしてください。

猫涙メヤニ

目は大切な器官

目という器官は私たち人間も含め、動物にとって大切な器官です。

特に猫の目は素早く走ったり、真っ暗な中でも見ることができて、とても優れています。

あなたのおうちの猫さんの目に異常が発生した場合は、すぐにお医者さんへ連れていってくださいね。早期治療を心がけましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました