単なる運動不足なのか?猫の太る原因とダイエット方法教えます

猫 ダイエット 症状

猫の横幅が最近広くなってきている気がしませんか?

お腹に肉がしっかり付いて、毛もあって、モッコモコで、一見可愛いけど、それ「でぶねこ」ですよね。

猫のことは言えない私ですが、自分のことは自分でできるとしても、猫のダイエットは「よ~し、ダイエットするにゃん」と、意識してしてくれるわけではありません。

飼い主さんの意志の元でダイエットが行われるのです。猫のダイエットの前に私がダイエットしたいくらいですが、一緒にしちゃいましょうか。

猫が太る原因

猫が太ってきた原因はいくつかあり、病気も含まれています。

猫 ダイエット

「運動不足」

人間と一緒ですね。私も、猫も運動不足でブクブクです。室内飼いはどうしても運動が少な目になってしまいます。

外に出しているのであればパトロールの距離も長いので運動量が多いです。おうちの中で寒いと丸くなって、暑いとおなかを出して寝ていることが多いです。

「食べ過ぎ」

これも私の耳が痛くなります。猫の食べ過ぎはフードを一気に食べてしまい、おかわりをねだって「にゃーにゃー」鳴き止まないと、ついついご飯をあげてしまいます。

猫は犬と違い、食べる量をセーブしてくれるのですが、まれに与えた分だけ食べてしまう、多く与えればその分食べてしまう猫がいます。

俗にいう「猫食い」ができない猫です。我が家の猫も「猫食い」ができていないとお医者さんに言われました。

猫の食べ過ぎを防ぐ方法は毎日既定の量のフードを計ることです。フードの外袋などには体重や年齢に合わせた分量の目安が記載されていますので、そちらを参考にしましょう。

「糖尿病(とうにょうびょう)」

「糖尿病」で痩せる猫もいますが、太る猫もいます。「糖尿病」の原因が運動不足なのです。

「糖尿病」はインスリンが上手く働かないことで起こりますので、「糖尿病」になってしまうと長期の治療が必要で、インスリン投与も行うことになるでしょう。

そうなると飼い主さんの負担が増えてしまします。「糖尿病」の原因は運動不足であると同時にストレスでもあります。

猫は運動不足の場合にストレスが溜まります。そして「糖尿病」になる場合もあるのです。まずはたくさん遊んであげることが大切です。

猫 ダイエット

ダイエット法教えます

さて、ダイエット方法ですが、まずは肥満にならない様にする方法を教えます。フードの与え方や栄養の内容が重要な鍵です。

キャットフードの与え方

忙しいあなたは器に、たくさんのフードを入れっぱなしで外出していないでしょうか?

お出かけ前のフードは一日分の量を器に入れっぱなしにしないでください。

我が家は一日の分量を量って小さなタッパーに入れたら、そのうちの1/4くらいの量を器に入れて外出します。

仕事で外出し、行って帰ってくるまで10時間くらいあるのですが、帰って来てからも一気に器に入れるのではなく、残りを3~5回くらいに分けて与えています。

寝る直前に1回分を入れて深夜の夜食とします。こまめに与えることで嘔吐も少なくなり、何度も餌場へ向かうので多少の運動にもなりますよね。

我が家は3段ケージの真ん中にフードの器が置いてあり、ご飯を食べるときは必ず2段目に降りてきて、食べたら部屋を見渡せる3段目にジャンプで戻ります。

昼間もご飯をあげたいけど留守にしていてあげられない方は自動給餌器を使うと良いでしょう。

ダイエットフードのススメ

肥満の予防をしても何故か太ってしまう猫には、ダイエットフードを試してみても良いでしょう。

しかし、ダイエットフードは食いつきが悪いように思います。

我が家の猫も避妊手術後にお腹がタプタプしてきたのでダイエットフードを与えていましたが、おいしそうに食べてくれませんでした。

良いフードはカロリーオフではなく、糖質を抑えているものです。実は猫には糖質の元である穀物は消化が悪く、吐き戻しをする傾向にあります。

人間のダイエットも最近は糖質を取らず、タンパク質を中心に採ると良いと言われていますよね。

猫も一緒なのです。猫のダイエットフードを選ぶときは原材料をチェックして穀物が少な目の物を与えると良いでしょう。

ダイエットフードではないものでも、穀物チェックをしたほうが安心ですね。

猫 ダイエット

肥満が命に関わることもある

猫の肥満はちょっとモコモコしているくらいは「可愛い」で済まされます。

しかし、そのままブクブク太ってしまうと、歩行が困難だったり、狭いところも通れなくなったり、上下のジャンプが出来なくなるなど、猫らしい生活を送ることが難しくなります。

「糖尿病」にかかれば長期の治療が必要で、最悪は命に関わることもあるのです。猫のご飯は何でもいいというわけではありません。

大切な家族の食生活の見直しをしてみましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました