大変だ!【猫が下痢P】いつから?毎日のうんちチェックは欠かさずに!

猫 下痢P 症状

毎日の猫のトイレ掃除で気が付く猫の不調がありますね~。下痢Pです。

場合によっては酷い悪臭です。お掃除も大変です。それよりも猫の体のどこが悪いのか、腐ったものでも食べさせたのかが心配になります。

猫は「お腹が痛い」と鳴いても私は猫語が解らなく、気が付いてあげられないことがほとんどです。

そこで猫の排せつ物の毎日の観察が早期発見に役立ちます。この記事では猫の下痢の原因や予防策をご説明します。

猫 下痢P

うんちの色で病気を見分けてみる

猫が下痢のときのうんちの色は病気の種類によってことなることがあるのです。猫が下痢になったらまずはうんちの色を確認してみてください。

「急性胃腸炎(いちょうえん)」

猫の「胃腸炎」は急性と慢性があり、「急性胃腸炎」は血液が混じった赤っぽいうんちが出ます。

その他の症状として、ヨダレを垂らす、嘔吐を繰り返す、水のようなうんちがでます。

原因はフードであることが多く、腐っていたり、食べ慣れないフードや、また食べてはいけない物を口にしたりということが主な原因で起こる病気です。症状は1週間程度で治まります。

「漫性胃腸炎(まんせいいちょうえん)」

「漫性胃腸炎」も血液が混じり、赤いうんち、または黒っぽいうんちが出ます。

やはりこちらも下痢や嘔吐の症状が見られ「急性胃腸炎」は1週間程度で治まるのに対して、「急性胃腸炎」は1週間以上続きます。

原因は食物アレルギーや寄生虫、炎症性腸炎、猫白血病ウイルス(パルポウイルス)や猫免疫不全ウイルスから起こることが多いです。

「膵炎(すいえん)」

「膵炎」は診断が難しい病気と言われてきました。しかし最近では診断法が開発されました。

「膵炎」の原因は膵臓や肝臓のガンが原因の場合もります。他には自分でお腹を強打して膵臓を傷めた場合やウイルス感染で胃腸炎となりその影響が膵臓にも表れることがあります。

膵臓の炎症で上腹部の痛みがあります。うんちの色は黄色っぽかったり、灰白色で、悪臭のあるうんちをすることもあります。

その他の症状は嘔吐や食欲不振、黄疸も見られることもあります。

猫 下痢P

病気ではない、異物誤飲に注意!

病気以外で下痢になっちゃうこともあります。

「異物を飲み込んだ」

猫は小さくてコロコロするものに心惹かれます。遊んでいるうちについ口に入れてしまうのです。

おもちゃやゴミも口にしてしまいます。そのため、胃腸を傷つけることがあり、下痢を起こすことがあるのです。

人の薬もご注意です。猫の届かない場所に必ず保管してください。

「水を飲みすぎた・牛乳を飲んだ」

猫は脱水症状を起こすと水をたくさん飲みます。人間も沢山水を飲むとうんちが緩くなるのと同じで猫も下痢気味になるのです。

牛乳は人間の牛乳は与えず、猫用の牛乳を与えてください。

普段から出来る予防策

猫が下痢にならないための予防策は次の通りです。「胃腸炎」を起こさないようにフードの管理をしっかりしてください。

また、ウイルス感染予防のワクチンを受けさせましょう。寄生虫の予防も大切ですので、寄生虫が疑われる場合は虫下しをお医者さんの指示の元で使用してください。

「膵炎」の予防策は膵臓付近を傷めないように注意を払うこと、外に出ると何らかのウイルスに感染する可能性がありますので外にお散歩に出さないことで予防ができます。

誤飲の予防はお部屋の中をいつも片付けて猫が誤って小さなものを口にしないように気を付けることです。

猫 下痢P

下痢の症状は解りやすい

他の症状より下痢はとても解りやすい症状です。猫が下痢をしていることに気が付いたら色を確認して猫の様子をみてください。

ぐったりとして元気がないとか、食欲がないなど他の症状が見当たるかもしれません。

その他に気になることをメモしておき、お医者さんへ行ったときに症状をすんなりと伝えることができます。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました