【猫の結膜炎】白目が赤い??猫の目が結膜炎かもと思ったら症状と比べてみて!

猫 結膜炎 病気

あなたのおうちの猫さんがよく目を擦っていたり、目ヤニで目がカピカピになっていることはないでしょうか?

気が付いたら目が血走っているとか。それ、結膜炎かもしれません。

軽いものなら簡単に治りますが、放置しておくと大変なことになる可能性もあります。まずは症状をおうちの猫さんと比べてみてください。

結膜炎の症状

猫の結膜炎の症状はいくつかあります。あなたのおうちの猫さんはこのような症状が見当たることはないですか?

目ヤニや涙が多い

結膜炎になると涙が多くでます。涙が多くなるとその涙が乾いてしまい、それが目ヤニとなってしまいます。そして上下の瞼がくっついてしまうことがあります。

人間は自分で目ヤニ取れますけど、猫は人間ほど器用ではありませんから、「なんか目が見えない~ふさがってるし~誰か~助けて~」と、もがいているかもしれません。

目が充血する

結膜炎かなと思ったら下まぶたを軽くあっかんべーのように下げて白目部分を確認してみてください。

赤く充血していれば結膜炎でしょう。人間の結膜炎と同じ症状ですね。

眼球が腫れている

眼球が腫れあがる症状が見られることもあります。また「目をしきりにかく」行為や「壁や床などに擦り付ける」行為も結膜炎が疑われます。

とにかく目が痒いのですね。かくと益々悪化してしまいますので早めにお医者さんへ連れて行きましょう。

結膜炎の原因

結膜炎の原因も様々です。

ゴミやほこりが原因

結膜炎の症状が片目だけに現れた場合は、ゴミやほこり、花粉や目の周りの毛など異物が目の中に入り炎症が起こっている可能性があります。

「角膜炎」や「副鼻腔炎」「流涙症」「ドライアイ」など、もともと発症していた病気から結膜炎になることもあります。

感染症が原因

「猫ウイルス性鼻気管炎」や「猫カリシウイルス感染症」「クラミジア」などのウイルスや細菌に感染したことがきっかけで、結膜炎を発症することがあります。

これらのウイルスは人への感染はありません。しかし猫同士ではすぐに感染するため、多頭飼いのおうちでは1匹がウイルス感染していたら治療が終わるまで隔離しましょう。

その他の原因

寒暖差が激しく免疫力が下がりやすくなる時期や、粘膜の防御力が低下し空気が乾燥する時期など、季節的な要因でも結膜炎を引き起しやすいです。

猫 結膜炎

結膜炎の予防

猫の結膜炎の予防は2つです。

外出させない

外出すると余計なホコリや砂、花粉などが目に入ります。結膜炎をもっている「よそん家の猫」からうつるかもしれません。

予防接種を受けさせる

「猫ウイルス性鼻気管炎」「猫カリシウイルス感染症」「クラミジア」はワクチンがあります。定期的にワクチン接種をすることで感染症を防ぐことができるのです。

室内の環境を整える

温度や湿度を一定に保つことが好ましいですが、お仕事で外出している場合難しいかもしれませんね。

冬場の乾燥時期は猫の暖かいスペースを作って出掛けることが省エネにも繋がります。

猫用ホットカーペットやこたつを上手に活用しましょう。また、室内のお掃除もまめにしてください。

どうせ猫の毛だらけと思ってさぼると自分が猫アレルギーになる可能性もありますので。

結膜炎治療法・どうやって治すの?

自然治癒

え?そんなこと可能なの?と思うかもしれませんが、症状の軽いうちや、原因が感染症でなければ自然治癒は可能です。

方法は目の周りを清潔にして、無駄毛をカットするなどです。しかし、飼い主さんの自己判断は危険なのです。

もしかしたら感染症かもしれません。自己判断は悪化する危険がありますので、やはり、一度はお医者さんに連れて行くことをお勧めします。

目薬で治す

結膜炎と診断されると目薬が出されます。

目薬投与のコツ

目薬はまず、準備万端でキャップを外しておきます。そして、猫の背後から顔を手のひらで支えて猫の目から見えにくいところから点眼します。

目頭付近に点眼すると自然と目の中に入っていきますよ。点眼後はおやつタイムです。

そうすることで「目薬のあとはおやつが貰える」と目薬に対して良いイメージが付きます。

暴れる猫はバスタオルなどでクルリと猫を包み顔だけ出して、先ほどの要領で手で顔を支えながら点眼します。いずれにしても早業が決め手です

結膜炎は解りやすい病気

結膜炎はわりとわかりやすい病気ですね。人間の症状と同じですし、目をこすったりすることで猫がサインを出してくれます。

早期発見しやすいので治療も長くはかからないでしょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました