【猫の外耳炎】シャンプーがいけないの?原因と治療方法はこれだ!

猫 外耳炎 病気

猫の耳を触ろうとすると嫌がられたりしていませんか?嫌な臭いが耳からしてくるとか・・・

外耳炎が起きているかもしれませんよ。外耳炎は猫の普段の生活から起こることもあります。

私たちがしっかり猫の体をチェックしていなかったり、シャンプーのやり方が原因で起こったりもするのです。

この記事でしっかり「外耳炎」を予防しちゃいましょう。

外耳炎とはどんな病気なの?

外耳炎は耳の入口付近(耳介)の皮膚から鼓膜にかけての炎症をいいます。

耳介より中の方はL字型に耳道が曲がっているのです。

そこに水や花粉など異物が入り込むと外に出にくくなり、炎症を起こしてしまうのです。

猫 外耳炎

外耳炎の症状は様々

耳垢が大量に出る、しかも耳が臭い

耳垢がいつも以上に出ている、しかも嫌なニオイがする場合、外耳炎が疑われます。

臭いということは細菌やカビに感染している可能性があるのです。

耳を異常に掻く、頭を振る

細菌やカビに感染すると耳垢も出ますが、耳の中が痒くなるのです。足で一生懸命耳の中を掻いていることはないでしょうか?

また耳が痒すぎて頭をしきりに振る場合があります。

耳が赤く皮膚が腫れあがる、鼓膜が破れる

細菌やカビで炎症を起こして真っ赤に耳の皮膚が腫れてしまいます。

また、膿が出る場合もあります。掻きすぎて膿が出ている場合もありますね。

耳の皮膚が腫れると中の耳道が狭くなり、鼓膜の手前まで腫れるので鼓膜が破れてしまうことがあります。

外耳炎の原因を知ろう

ダニの寄生、細菌、真菌の感染症

耳に「ミミヒゼンダニ」が寄生して、そのフンなどで炎症を起こす場合があります。

細菌や真菌などの感染症も原因のひとつです。

外耳炎にかかりやすい猫種

外耳炎は耳折れの猫種に多い病気です。耳折れの猫種は「スコティッシュフォールド」や「スコマンチ」などがかかりやすいです。

シャンプーなどの異物が耳に入る

猫のシャンプーをして入ると誤って耳にシャンプーやお湯が入ってしまうことがあり、それを知らずに放置しておくと外耳炎になってしまいます。

他にも水や花粉、ゴミ、チリなども外耳炎になる原因のひとつです。

アレルギーから起こる

アトピーなどのアレルギーから外耳炎が起こる場合もあるのです。

猫 外耳炎

外耳炎の予防

普段から予防をしていれば外耳炎は防ぐことができます。

外出を控えさせる

ダニから耳を守るにはお散歩などの外出を控えさせることです。

外にはたくさんの細菌もあります。外出を控えさせることによって猫を病気から守ることができます。

また、花粉などの異物が入り込む予防にもなります。

耳折れ猫種

耳折れタイプの猫はどうしても耳の中の通気性が悪くなり、菌が繁殖しやすい状態になります。

気を付ける点は耳掃除をしてあげることです。耳を立てて、ティッシュやコットン、綿棒で耳の中を優しく拭いてあげましょう。

何度もすると耳の皮膚が薄いため傷をつける恐れがあります。拭くときはサラッと2~3回程度で十分です。

シャンプーが入らない様にする。

シャンプーが耳に入らないようにするには耳の穴にティッシュやコットンを詰めてあげることです。

その際、痛くなるほどぎゅうぎゅう詰めにする必要はありません。

ティッシュやコットン等をかるく丸めて詰め、更に耳に水が入らない様にお湯をかける時には手で保護してあげましょう。

耳掃除を定期的にする

耳垢が溜まったままだと不衛生でそこから細菌やカビが発生する恐れもありますね。

耳垢を定期的に掃除すれば耳の状態も常に知ることができ、少し腫れてきてもすぐに気が付くことができます。

猫 外耳炎

外耳炎療法・どうやって治すの?

外耳炎の治療は原因により方法がちがいます。ダニによる原因は駆除剤が出されます。細菌感染には抗生剤、真菌には抗真菌剤とそれぞれ違ったものが投与されます。

その見分け方は耳垢です。耳垢を採取して原因を突き止めるのです。
耳の腫れがひどい場合は痛みが伴うことがあるので、洗浄は行わないことがあります。

一気に治療するのではなく、数週間、腫れなどの様子を見ながら治療していきます。

外耳炎から発展する病気がある

外耳炎は耳の入口付近で起こる炎症です。これが悪化していくと鼓膜よりも奥の中耳、又は内耳の方まで炎症する恐れがあります。

最悪の場合、耳が聞こえなくなることがあります。猫の耳が聞こえないというのは大変危険です。

外にはもちろん事故に合う可能性が高くなるので出せません。猫は外耳炎のサインをちゃんと出していますので、気を付けてみていてください。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました