【ハゲに注意】うちの猫、耳掻きすぎ!かゆみの原因と予防

猫 耳かゆい 症状

後ろ足で猫が耳をしきりに掻いています。掻くと気持ちよさそうに見えますけど「ちょっと掻きすぎじゃない?」と思うことがありますよね。

爪を立てて耳を掻くため、赤くなってきたり、昨日より耳の毛が薄くなってないですか~?

そのままではハゲになってしまいます。ただでさえ薄い猫の耳の皮膚は毛も薄いし、傷つきやすいのです。

実は痒みとなる原因の病気がいくつかあり、放置すると人にも移ってしまいます。

猫 耳かゆい

猫の耳掻きすぎ、原因はこれ

猫が耳をしきりに掻く場合、「なんとなく痒い」のではなく、原因となる病気があるのです。

耳かいせん症(耳ダニ症)

耳かいせん症は耳ダニ症とも呼ばれ猫の耳に「ミミヒゼンダニ」というダニが寄生して起こります。

ミミヒゼンダニは0.3mm~0.5mmの体調です。猫の耳に寄生するとダニの排せつ物が耳の中を埋め尽くします。

ダニが耳の皮膚から血を吸い痒くなり、耳をしきりに掻くようになるのです。

耳あかが灰色から茶色、そして黒っぽい色が大量に出ている場合があります。

耳かいせん症は人間にもうつる可能性があります。人もひどい痒みをともないます。

外耳炎

外耳炎は耳の表に見えている皮膚から鼓膜までの間に起こる炎症です。

耳ダニの寄生や水など異物が耳の穴に入り、カビが生えたりすることで起こります。

外耳炎になると痒みがあり耳を掻きむしったり、頭をしきりに振ったりします。外耳炎が悪化し、中耳炎になる可能性があります。

猫 耳かゆい

耳を掻きすぎないように、かゆみを予防

耳が痒くならないよう原因となる病気を予防しましょう。

ダニの寄生の予防

耳かいせん症の原因のダニを予防するには外出を控えさせることです。

猫は自由に暮らすことが猫らしいと、外のお散歩も習慣にしている飼い主さんも多いようです。

しかし、外出させることにより、多くの菌やダニに猫が晒されてしましいます。

外出させないことでダニから猫の耳を守る確率が高くなります。

外耳炎

シャンプーをすると耳の中に水や、シャンプーが入りカビとなって外耳炎を引き起こす可能性があるのです。

猫のシャンプーをするときは水やシャンプーが入らないよう十分気を付け、もし入ってしまった場合はガーゼやコットンで優しく耳の穴を拭きましょう。

自宅で綿棒などを使って耳の奥へ挿入することは大変危険です。猫が思いもよらない動きをして鼓膜を傷つける可能性があるからです。

シャンプー後、耳を気にしているようであれば、お医者さんへ行って耳の中を見てもらった方が良いですよ。

そのまま異物混入を放置すると外耳炎をお越し、中耳炎になる可能性もありので放置はしないでくださいね。

耳が痒くなる病気から更に違う病気へ

耳が痒くなり耳をかくと爪で皮膚を傷つけて出血をする可能性があります。

それが「耳血腫」になる可能性があります。耳血腫は耳を掻いた刺激で軟骨と皮膚が離れてしまい、そこに血液が溜まる病気です。

耳が腫れあがって赤くなります。こうなったらすぐにお医者さんへ連れて行ってください。

出血した箇所から更にばい菌が入っている可能性もあります。

猫 耳かゆい

人間にもうつる耳のかゆみ

猫の耳の痒みは「ただの痒み」ではありませんでした。

気を付けなければならない病気が隠れていたのです。そしてその痒みは人にもうつってしまいます。

猫の耳を常に綺麗な状態に保つように耳掃除を耳が出ている皮膚の部分で良いので拭き取るなどしましょう。

その習慣があれば耳の赤みや耳あか、腫れなどにも早く気が付くことができ治療も早く人に感染することも防げます。

耳の毛がハゲる前に気が付きましょう。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました