【猫のヤケド】キッチンで、お風呂場でうろつく猫が危険!ヤケドの応急処置

猫 ヤケド 外傷

猫は家の中を自由に動き回ります。頭が通る隙間があれば体は大抵すり抜けられますし、ジャンプも高くでき行動範囲が広いです。

人の考えで「あんなとこには入らないだろう、上がれないだろう」というところも知らない間に行っています。

ですから猫にとって危険な物は隠すことが大切です。我が家の猫は子猫の頃、知らない間に肉球をヤケドしていました。

気が付いたら肉球が血だらけなのです。家の中には猫がヤケドしそうなものが意外と多いのです。

猫 ヤケド

何故ヤケドしちゃうの?

猫って、寒い日は暖を探しているんです。そして嗅覚もすごいですけど、暖かい場所がちゃんとわかっていて見逃しません。

野生の感が飼い猫にも残っているのですね。まず、高いところは暖かいってわかっているし、「こっちになんだか暖を取れる場所がありそうだ」と寄っていくのです。

寒いときは猫のいる場所が一番暖かいはずなのでそれを頼りにすることもあります(笑)。

暖かいならいいですが、「熱い」ところも怪我をするとは思っていないので寄っていきます。だからヤケドをしてしまうのですね。

猫 ヤケド

危険!おうちでヤケドをする場所

猫がヤケドをしそうな場所はいくつかあります。飼い主さんが考えてもいなかったところでするかもしれません。

キッチン

キッチンは火を扱うところです。お料理をしていると熱気がこもるしコンロも熱くなります。

火を消したばかりのガスコンロは熱が残っていて、猫が反応して寄ってきます。ジャンプしてコンロのすぐ近くまで来ることもあるのです。

「うちはIHだから大丈夫~」と言うのは間違えですよ。IHも暫くプレートが熱を持っていて平面ですから、もっと猫が昇りやすいです。

実は我が家の猫はIHでヤケドしたようです。実際見たわけではありませんから確実ではないのですが、肉球をヤケドする(ヤケドした脚は3本です)のはIHくらいしか思いつきませんでした。

「暖かいとこみっけ~」となってジャンプしIHの上に乗っかったら「熱っっ」となって飛び降りたのだと想像がつき、胸が痛みました。

コンロの熱以外でも油跳ねでヤケドをすることもあります。

ストーブ、こたつ

冬限定になりますが当然ストーブ、こたつもヤケドの原因です。暖かいからといってストーブの上に乗ってしまうと肉球も毛も焼けてしまいます。

上に乗っても熱くないストーブもありますが、それでも熱を出しているものなので危険です。

猫はストーブのすごく近いところを陣取ってお昼寝をします。そうすると猫自体も気が付かずに低温ヤケドを起こしてしまいます。

こたつもじんわりと温まっているうちは良いのですが、そのまま寝付いてしまい低温ヤケドします。

アイロン

アイロンは高熱で人間も間違って触れてしまうとヤケドをします。

猫は何でも匂いを嗅ぎにくるのでアイロンに鼻を近づけることを想像するだけで怖いですね。

猫 ヤケド

ヤケドした時の応急処置

猫がうっかりヤケドしたときはお医者さんへ連れて行くのですが、その前に飼い主さんができる事があります。

まず、ヤケドの状態をみてどの程度か見極めます。軽いものであれば低刺激の消毒剤で消毒をして、患部を冷やします。

このときガーゼを使ったり、塗り薬は使用しないでください。皮膚がはがれてしまいます。

皮膚の50パーセント以上がヤケドした場合、猫がショック状態になっている可能性があります。

この場合はガーゼで患部を優しく保護してガーゼがずれないように柔らかい布で猫を包んでお医者さんへ連れて行きましょう。

猫が暴れる場合は洗濯ネットに入れて連れていきます。

ヤケドをしないための予防

猫をヤケドから守るために普段から気を付けることがあります。

キッチンに近づけない

調理中にキッチンに猫を近づけないこと、近づいても、飼い主さんが必ずそばについていることです。

しかし、揚げ物をしている油跳ねがある調理の場合はやはり、猫を近づけないほうが良いでしょう。

ストーブ、こたつは温度調整と柵

ストーブの周りには柵を付けるとよいです。お子様用のストーブの柵もありますし、動物用もあります。

こたつはなるべく低温で使用しましょう。こたつの他にもホットカーペットや電気毛布なども低温火傷の可能性がありますので、カーペットは1枚上に敷物をかけると飼い主さんも低温火傷をせずに済みます。

ホットカーペットを使用するときは就寝の少し前だけにすると良いでしょう。電気代もかなり浮きますね。

アイロンには絶対に近づけない

アイロンは作業が終わるまで高温が続きます。そうしなければ作業が終わりませんので、終わるまでは猫を別室に入れて絶対アイロンに近寄らないようにさせます。

作業後もうっかり電源の切り忘れが無いように、しっかりとチェックしてください。

たとえ小さなヤケドでも病院へ

飼い主さんの判断でヤケドの範囲が小さい、ヤケドの度合いが小さいと思っていても2~3日経過してから他にもヤケドの症状があらわれてくる箇所があるかもしれませんし、思った以上にひどいヤケドを負っている可能性があります。

たとえ小さなヤケドであっても必ず病院へ連れて行きます。何でヤケドをしたかにより治療の方法も変わってきますので自己判断はしないでくださいね。

 

スポンサーリンク

コメント

  1. […] IHのヒーターというのは我が家の猫が火傷を負った原因のひとつです。 […]

タイトルとURLをコピーしました