鼻水が出る【副鼻腔炎】とは?猫の鼻の病気・放っておくと蓄膿症になる

猫 副鼻腔炎 病気

鼻水がだらだらと止まらない猫、風邪なのかな?と心配になりますよね。

猫の鼻水も水っぽいものから粘度の高いものまでいろいろなのですが、副鼻腔炎(ふくびくうえん)という病気の鼻水はドロッとしている鼻水です。

いつも鼻がベチャベチャ湿っているので気が付きにくいかもしれませんね。副鼻腔炎を放っておくと重症になり蓄膿症になる可能性があります。

この記事では副鼻腔炎の詳しい症状と原因をご説明していきます。

猫の副鼻腔炎の症状

猫 副鼻腔炎

まず、副鼻腔炎という病気を説明しますと、猫の鼻の奥に副鼻腔という空洞があり、その空洞で炎症が起こることを副鼻腔炎といいます。

鼻の先の方にある鼻腔で炎症が起こると粘液で副鼻腔と繋がっているので炎症が副鼻腔へ侵入し副鼻腔炎となります。

そして、膿が副鼻腔にたまると蓄膿症になってしまうのです。

粘度のある鼻水とくしゃみ

副鼻腔炎を起こすと大きな特徴として、ドロッとした粘度の高い鼻水がでます。くしゃみも伴い人の風邪に似た症状が出るのです。

鼻が詰まる

鼻が詰まるために鼻で息が出来なくなり、口で呼吸をします。鼻が詰まると匂いも嗅げないので食欲も落ちてしまいます。

ゼーゼーと口で苦しそうに呼吸し始めたら要注意です。

鼻筋が腫れる

副鼻腔炎が進行すると鼻から額にかけて腫瘍が腫れあがり骨を壊してしまうことがあります。

骨を壊すことだけではなく顔の変形もさせてしまう怖い病気なのです。

猫が鼻や顔をしきりに気にするようなしぐさを見せ始めたら副鼻腔炎の疑い、あるいは、他の鼻の病気の疑いが考えられます。

猫の副鼻腔炎の原因

猫 副鼻腔炎

猫の副鼻腔炎の多くは鼻の先にある鼻腔で炎症が起ることから始まります。

鼻腔の炎症の原因は感染症により起こることが多いとされていますが、鼻に異物が入った場合や歯周病によって上あごが炎症を起こすことも原因のひとつとされているのです。

そうして鼻腔で起こった炎症は小さく粘液で繋がっている副鼻腔へ移動し更に悪化してしまうのです。

猫の副鼻腔炎予防

感染症から副鼻腔炎が多く発症されるのでウイルスの予防接種を受けさせることで、かなり抑えられます。

また、歯周病からも起こることがあるので歯磨きをまめにしてあげることや、病院での歯石取りを行うと良いでしょう。

副鼻腔炎と蓄膿症

猫の副鼻腔炎を放置してしまうと蓄膿症に発展します。

副鼻腔炎で起きた炎症により溜まった膿が体外に排出されずに副鼻腔にとどまることで蓄膿症になってしまう確率が高くなります。

副鼻腔は鼻の奥にあり、膿がなかなか排出されにくい場所にあるのです。

鼻づまりをあなどらないで

猫 副鼻腔炎
猫が口で呼吸をし始めたら鼻が詰まっているということをまず考えてください。猫は基本的に鼻で呼吸をする動物です。

スピスピと鼻が鳴っていたり、いびきをかくことも注意すべき点のひとつと言えます。

人と違い鼻づまりをあなどっていると重症になる可能性があるのです。ご飯を食べなくなり、体力が無くなって免疫力も下がってしましいます。

そうなる前に異変に気が付いたらお医者さんへ連れて行ってください。早い段階だと鼻炎で済む可能性があります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました